お金に困らないようにするために知っておきたいこととは

Loan finance

手段の一つ

住宅ローン、滞納したら何が起こるか。

夢のマイホームを購入したけれど、住宅ローンの支払いが難しく滞納している…あなたがそんなケースにおちいってているとしたら、今からでもすぐ早く手を打ちましょう。 金融機関によって差はありますが、住宅ローンを滞納すると金融機関から督促が届きます。その時点で金融機関に支払いの方法を相談して、一時的に返済を待ってもらったり、返済額を下げて返済期間を延長するなどの誠意を見せれば、とりあえず深刻な事態を回避することもできます。 しかしながら、そういった手段をまったく取らずに何か月も放置しておくと、ますます状況は悪化してしまいます。金融機関は滞納が3〜6か月続くと裁判所に担保物件(自宅のローンを滞納している場合は自宅)を競売を裁判所に申し立てますが、それが認められると競売開始決定通知書が届いて自宅が競売にかけられることに。競売に掛けられると自宅を市場より2〜3割安く売られてしまうことも少なくなく、またいきなり立ち退きを命じられて、路頭に迷うことになりかねません。

深刻な状況になる前に考えたい「任意売却」という手段

さて、それでは、住宅ローンを滞納し支払能力がなくなったら、もう路頭に迷うしかないのでしょうか。 実は、自宅の売却は必須としても、競売ではなくもう少しソフトランディングする方法もあります。それが、「任意売却」です。 住宅ローンの支払いの見通しが立たない場合、売却の形で家の所有権は手放さなければなりませんが、身内や投資会社などに自宅を売却し、家賃を支払う形でそのまま住むという選択も可能です。また、引き続き自宅に住まない場合でも任意売却なら引っ越し代など後の生活のために若干の資金を確保することも不可能ではありません。 ただし、任意売却するには債権者である金融機関との専門的な話し合いが必要となりますので、弁護士、専門会社などに依頼しなければならないでしょう。任意売却の場合、新たな資金を用意せずに解決してくれることがほとんどですので、まず相談してみることが大切です。 住宅ローンの滞納など、他人事だと思われる方も多いと思いますが、その原因はリストラ、離婚、病気など、誰にでも起こりがちなことです。不幸に見舞われても、どん底まで落ちないよう、自分を守る知識と早目の対処が必要なのではないでしょうか。